レストア

郷田鈑金のレストア

郷田鈑金では、レースなどで培ったノウハウを活用し、高度な技術力が求められる自動車のレストアを行っております。特にロードスターのレストアが得意で、これまで何台ものロードスターを綺麗に復元しております。

レストアの流れ

※レストアする内容によって作業工程は変わります。

1. 確認・診断

まずは車両の年式、内外装、エンジンなど各部の劣化の程度や部品の破損・欠落の状況を確認します。この段階でおおよそ見積をお出しして、お客様と相談しながら作業内容を決めていきます。

2. 分解

続いてエンジンや外装パーツ、内装などを全てのパーツを綺麗に取り外します。
レストア車の部品分解はどこまでのレストアを行うかによって分解作業も変わってきます。フルレストアであれば、ボルトやナットまで分解する必要があります。

3. サビ取り

発生しているサビを取り除きます。サビは放置しておくと広がる可能性があるので、サンドブラスターなどを使って取り除きます。そして防錆処理剤を塗布してサビの発生を抑制します。

オプションメニュー:ボディーの補強など

4. 下地処理

つぶれている箇所は鈑金作業を行い、必要な箇所にパテをもり、研磨してからサフェーサーを吹きます。仕上がり品質を上げるには下地処理が非常に重要。

5. 再塗装

いよいよ塗装ブースにて塗装を行います。
複数の塗料を調色して、微妙な色を再現します。

6. 組み付け・最終調整

バラバラに分解したパーツを全て組み付け、最終調整を行い完成です。

郷田鈑金のレストアの技術力と特長

高い技術力

鈑金塗装やレースで培ったノウハウと技術力で高度なレストアを実現します。

ロードスターに強い

郷田鈑金は特にロードスターのレストアが得意です。過去にはロードスターのレースにも参戦しコースレコードを記録、全国のロードスターファンからレストアの依頼を承っています。

レストアの実績

名古屋からお越し頂いたお客様の
レストアロードスター。

女性オーナーのロードスターをレストア。
緑色のロードスターをフルレストアしました。

レストアについてのお問い合わせは、info@godabp.com